重ねあった手

保険の見直し依頼

運転を教える男性

保険会社によって商品性も保険料も異なります

全ての企業は、事業を行っている限りは、必ず損害保険に加入していると言えます。事務所があれば火災保険に加入していますし、社用車があれば自動車保険に加入しています。メーカーで工場があれば、工場関係の各種の損害保険に加入していますし、製造物責任法に対応した保険にも加入しています。企業の保険見直しで即効性のあるのは、損害保険の分野です。無駄な保障があれば保障を減らしますし、同じ保障であれば少しでも保険料の安い保険会社にします。損害保険の保険見直しを依頼するのであれば、総合保険代理店あるいは保険仲立人が最適です。日本には保険仲立人は数が少ないので、同じ機能を発揮する総合保険代理店に保険見直しを依頼することが有効です。

法人の損害保険の保険料は入札で決めるのが有効です

個人向けの損害保険は保険料を引き下げる余地はほとんどありません。団体割引などの仕組みによって割り引くことができる場合もありますが、個別に保険料の交渉をすることはありません。一方で、法人契約の損害保険に関しては、保険料を保険会社が他社との競合を考慮して独自に設定します。総合保険代理店は保障条件を保険会社に提示して、保険会社に保険料の入札を求めることがあります。企業が保険見直しをするポイントは保障の見直しと保険料の見直しです。前者が特に重要ですので、そこを確認できたら後者を徹底的に見直します。つまり、保険料を少しでも安くするように総合保険代理店に求めるのです。企業の意向に沿うように保険会社と交渉するのが総合保険代理店の役割です。